行政経験のある行政書士が親切・丁寧にサポートいたします

遺言書作成、相続手続、在留資格取得(VISA)等でお困りのことがありましたら、
お気軽にご相談ください。初回無料(ご自宅訪問を含む)にて承っております。
お電話もしくは下記の相談フォームからご相談ください。
☎070-8319-4523

ご相談はこちら

遺言書は高齢者に代って代筆できるのか?

さて、今回は文字を書くことができない人に代って、遺言書を代筆することができるかについて紹介します。

自筆証書遺言の代筆はできない

遺言書には、いくつかの種類があります。その中でも一般的に用いられる普通方式には以下の3つがあります。

①自筆証書遺言(遺言を自書する)
②公正証書遺言(公証役場で作成する)
③秘密証書遺言(内容を秘密にしておける)

そのうち、最もよく用いられる自筆証書遺言は名前のとおり遺言書を自分で書いて作成しなければならないため、代筆してもらうことはできません。

参考 3方式のメリット・デメリット

自筆証書遺言公正証書遺言秘密証書遺言
メリット・気軽に作成できる
・費用がかからない
・遺言書保管制度を使えば紛失、偽造、隠匿等を防げる。
・遺言書の形式、内容ともに確認してもらうことができる。
・紛失や盗難、偽造、変造のおそれがない
・内容の秘密が守られる
・偽造、変造のおそれがない
・費用が少なくて済む
・パソコンで書いても良い
デメリット・形式や内容に不備があると無効とされる
・家庭裁判所の検認が必要(除く遺言書保管制度)
・遺言書の紛失、亡失、偽造、変造の危険がある(除く遺言書保管制度)
・証人の確保、印鑑証明書の取得など手間がかかる
・費用がかかる
・遺言書の内容が公証人、証人に知られてしまう
・内容に不備があると無効とされる
・家庭裁判所の検認が必要がある
「遺言の方式」(内部リンク)より

公正証書遺言や秘密証書遺言ならOK

自筆証書遺言と異なり、公正証書遺言秘密証書遺言であれば代筆してもらうことが可能です。

公正証書遺言

これは、①遺言者本人②公証人③証人2名以上が立ち合ったうえで作成される遺言方式です。

この方式の流れは、

①公証役場で(※)遺言者が遺言の内容を口述し、公証人が筆記

②公証人が筆記した内容を遺言者と証人に閲覧もしくは読み聞かせる

③遺言者および証人は筆記の内容の正確性を確認し、原本に記名押印する

④公証人は上記の方法に従って公正証書遺言が作成されたことを付記し記名押印する

※遺言者が寝たきりなどの場合は、ご自宅や病院へ公証人の出張を頼むこともできます。

上記のように、公正証書遺言では遺言書を公証人に筆記してもらうことができます。

また、公正証書遺言は3方式の中でも最も安全性や確実性が高く、相続人たちの負担も少なくて済むため一番おすすめの遺言方式です。

秘密証書遺言

秘密証書遺言は公証役場で公証人と証人2名以上の立ち会いの下で公証人に遺言の存在を確認してもらいます。

このとき、遺言書は封筒に閉じられた状態のため、内容を公証人や立会人に知られることはありません。

また、遺言書は代筆をしてもらえるほか、パソコンで作成しても形式上有効なものとなります。

ただし、内容に不備あったときは無効とされてしまいます。

文案は可能な限り、行政書士等の専門家のチェックを受けることをおすすめします。

加えて、公証人の面前で遺言者は封筒に記名押印する必要があります。(これの代筆は認められません。

まとめ

いかがでしょうか?

遺言書を作成するにあたって、自筆証書遺言は代筆が認められないません。

他方、公正証書遺言及び秘密証書遺言については遺言書を自分で筆記する必要はありません。

すずかけ行政書士事務所では、遺言書の作成サポートを承っております。

遺言書の文案のチェック、文案の作成、公正証書遺言作成の手配などについては、こちらからお気軽にご相談くださいませ。